Top >  海外旅行でのFXの裏技とは?

海外旅行でのFXの裏技とは?

FXを利用したちょっとした裏技を紹介しましょう。たとえば、海外旅行に行く時、最近ではクレジットカードで決済する方法が一般的ですが、やはり多少の現金も必要ですよね。

最も安全に現金を持ち運ぶなら、「トラベラーズチェック」ということになります。しかし、トラベラーズチェックで支払いが出来るお店は、観光客目当てのお土産物店などが中心で、現地のお店では使えないことがほとんどなのです。かといって、いちいち銀行に行って両替するのも面倒な話です。言葉も通じないですしね。

そんな時は、「その国に支店がある銀行」の銀行口座を日本で開設して、その口座情報をあなたが利用しているFX業者に登録しておくのです。たとえば「シティーバンク」などは、アメリカに本社を持ち、世界中に支店を持っています。この場合、FXの口座からシティーバンクの口座に現地の通貨で出金しておけば、わざわざ現地で両替をすることなく、現金をATMから引き出せるのです。

もっと詳しく解説していきましょう。たとえば、アメリカ旅行に出かけるとします。この時、上記のシティーバンクの口座を日本で作成し、キャッシュカードも作成しておきます。それと同時に、FX業者の銀行口座の情報をシティーバンクのものに書き換えておくのです。

そして、旅行前にFXの口座から必要な金額をドルで口座に出金しておけば、アメリカ国内のATMでカードを使っていつでも現金が引き出せるんですね。また、足りなくなれば、ネットカフェなどに行ってFX口座にログインし、同じように出金しておけば不足分を現地で手に入れられることになります。

この方法を使えば、両替の手数料が「グンッ!」を抑えられますし、すぐに日本からの送金も出来ますので、非常に便利な方法だと思いますよ。

-->